背中にレーザー脱毛は危険?

レーザー脱毛が背中の毛に効かない理由とは?

レーザー脱毛は、今や数多くの美容クリニックでも使われています。

 

でもレーザーのどういう仕組みで脱毛できるか、知っていますか?

 

実はそこに背中脱毛の陥りやすい落とし穴があるんです・・・

 

レーザー脱毛の仕組み

皮膚科や美容クリニックのレーザー脱毛と呼ばれるものは、どんなものなのでしょうか?

 

レーザー脱毛器から出るレーザー光は特定の色を感知し、その部分にだけ集中的に熱反応させるという働きを持っています。

 

用途によりその感知と反応のさせ方はさまざまですが、脱毛に関しては「熱反応」させるという特質を持っているのが特徴です。

 

このレーザの特性を生かし、毛根部分に存在している黒い色素(メラニン)のみを熱で破壊し脱毛するというものが、現在のレーザー脱毛となっています。

 

ところが、このレーザー脱毛は強くすると火傷してしまうなどのデメリットが従来はありました。

 

取り扱いには、熟練した施術者や医師が取り扱うということになっているのは、そういった皮膚トラブルを避ける為でもありました。

 

レーザー脱毛技術は進化しているが…

今現在は日本人向けに開発されたものがいくつかあり、日本人の表皮にあるメラニンに対してのみ反応するものが出てきていています。

 

そのレーザー光線の場合は、脱毛しようとする周囲の皮膚に反応することはなく、やけどや色素沈着の心配もないものとなっており、ほぼ永久的な脱毛ができるようになっているのです。

 

背中の脱毛が難しいのは、このメラニン色素が少ないからなんです。

 

背中の毛は細い産毛なので、メラニン色素が少なく、高性能なレーザーでも反応しにくいんです。

 

従って、美容業界では定説ですが、背中の脱毛にレーザーは不向きな方法なんですね。

 

背中脱毛に適しているのは光脱毛という方法です。(参考:脱毛業界の裏話)

 

人気記事ランキング

合計6つの脱毛サロンに通う管理人が、背中脱毛にお勧めのサロンをランキングにしました。

み〜んな知らない「ここだけの内緒話」…大事なお金を無駄にしない為にも要チェック!

最近の家庭用脱毛器の進化に驚きました。今なら最新機種を買うのが間違いナシ。